ゴロゴロ出来るローベッドは部屋も広く見えますよ

部屋の中にベッドがあるとどうしても部屋が狭くなってしまいますよね。収納付きのものであっても、見た目に占める範囲が大きくなる為印象として狭いなと感じてしまいます。そんな気にならないほど広い部屋なら良いですが、大体の人はそうではないですよね。

それでもベッドを置きたいな、という場合にはローベッドがおススメです。
高さのあるベッドに比べてローベッドは軽いものが多く、地面に設置してあるので移動も楽チンです。背が低いので視界の邪魔をすることもなく布団とベッドの中間のような感覚で使う事が出来ますね。

また、すぐに横になってそのまま寝転がれる点は、ローベッドの魅力の1つですよね。小さな子供が使ったとしても高さが低いので、もし寝返りを打った拍子に落ちてしまっても安心ですし、自分で「うーん」と言ってベッドの上までよじ上る事が出来るので少しの間目を離していても大きな怪我はしないだろうと思われます。

コンパクトな部屋の中でテーブルの後ろにローベッドを置いておけば、テーブル作業で疲れた体をストレッチする時にそのままベッドに倒れこんでいっても大丈夫なのが嬉しいですよね。特に冬の寒い時期にはゴロゴロとくつろげるローベッドはおススメですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です