高級感のある寝室の条件

30歳の時に結婚をして、新しい場所へ引っ越すことになりました。

そこで、新しい部屋のインテリアにこだわりたい気持ちが出てきました。

私はもともと高級感のある寝室に憧れを持っていたのです。

私がイメージする「高級感がある寝室」には、ベッドの枕側に大きな絵画があります。

日本よりも海外の方がそういう寝室を持つ人が多いのかもしれません。

日本の設計だと、部屋自体があまり広くないので、大きな絵画を置いている家庭は少ないように思います。

そこで、日本の部屋にそのイメージを当てはめるにあたり、ぴったりの家具を見つけました。

それがローベッドです。

ローベッドなら低めに作られているので、部屋を占める割合が少なくて済みます。

さらに、枕側に大きな絵画を置くのに十分な壁のスペースを確保できるのです。

試してみたら、まさにイメージ通りの寝室が完成しました。

寝室はお客さんに見られる機会の少ない場所ですが、やっぱりこだわって良かったと思います。

今では毎晩落ち着いて、幸せな気持ちで眠ることが出来ています。

これまであまりインテリアにこだわったことはありませんでしたが、これから少しずつ勉強していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です